松本大清貿易株式会社の買取商品(鉄くず、非金属、雑品など)の取り扱い品目をご紹介!

松本大清貿易株式会社ロゴ

取り扱い品目Product

買取についてPurchase

買取イメージ

入荷時期や品目数量、買取価格、お支払方法などのご希望にもお応えいたします。
長野近郊でスクラップ買取業者をお探しの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

下記にてご案内している金属、非金属以外の材質でもお取り扱いしておりますので、種類がわからない廃棄物につきましても、ご相談をおまちしております。

鉄・非金属スクラップMetal scrap

銅スクラップ

銅スクラップイメージ

銅管・銅板・銅線等、電気や熱を伝える用途として利用される金属です。銅の含有率(歩留まり)や形状、付着物の有無により、買取価格が異なってきます。ピカ銅と呼ばれるのは太い電線から被覆材を取り除いた導体の部分を表します。銅スクラップは上銅、並銅、込銅、下銅といった具合に分類されます。

電線・雑線スクラップ

電線・雑線スクラップイメージ

雑線スクラップは工場やビル、家庭等で利用されていた廃電線で、銅でできた導体が絶縁のためにプラスチックやビニール、ゴム製の被服材で覆われています。銅の部分と被服部分を分離してそのほとんどがリサイクルされてます。銅の含有率や用途によって上線、雑線、中線、ハーネス等に分類され買取価格が異なります。

真鍮スクラップ

真鍮スクラップイメージ

真鍮は銅と亜鉛との合金です。錆びにくく、鋳造・加工が容易なので、機械器具・日用品・工芸品などに広く用いられています。主に五円硬貨や水道蛇口、装飾品、金管楽器、仏具などに利用されています。不純物が付着している場合は込み真鍮と呼ばれて区別され、買い取り単価が下がります。

アルミステンレススクラップ

電線・雑線スクラップイメージ

雑線スクラップは工場やビル、家庭等で利用されていた廃電線で、銅でできた導体が絶縁のためにプラスチックやビニール、ゴム製の被服材で覆われています。銅の部分と被服部分を分離してそのほとんどがリサイクルされてます。銅の含有率や用途によって上線、雑線、中線、ハーネス等に分類され買取価格が異なります。